株の初心者 講座 - 株の初心者にもわかりやすい上場廃止銘柄について

株の初心者 講座



HOME > もう少し学ぼう > 株の初心者にもわかりやすい上場廃止銘柄について

株の初心者 講座 ‐ 第2ステップ

<もう少し学ぼう>

株の初心者にもわかりやすい上場廃止銘柄について



株をはじめたばかりの初心者の中には、購入した株が上場廃止になってしまった銘柄の株を持っている人もいるかもしれません。

上場廃止になった株はどうなってしまうのでしょうか?
株初心者の中には株の価値がゼロになると思っている人がいますが、上場廃止になった株もれっきとした株券です。

上場廃止になった株の場合は1カ月間管理ポストで処分売買の取引を行います。

上場廃止の株は証券保管振替機構いわゆる「ほふり」に保管されている株券の場合には、株主に戻ってきます。
株主が持っている株券は企業が倒産した場合には、株券の価値はゼロです。

会社が続く場合には、その株価をもとに他の人との直接相対取引の売買が可能です。
またその会社の配当をもらう事も出来ますよ。

しかし、上場廃止銘柄の発表が出ればストップ安は目に見えてわかります。

株の初心者の場合には、上場廃止銘柄を買ってしまう事のない様に証券会社のサイトで銘柄のチェックを忘れないようにしてくださいね。
自分の証券会社で取引が可能の株なのかの確認も必要になります。

ページの先頭へ


|1|2|3|4|5|

次のページへLinkIcon

ページの先頭へ