株の初心者 講座 - 株の初心者は気をつけたい信用取引

株の初心者 講座



HOME > もう少し学ぼう > 株の初心者は気をつけたい信用取引

株の初心者 講座 ‐ 第2ステップ

<もう少し学ぼう>

株の初心者は気をつけたい信用取引



株を始めた場合には、必ず証券会社で口座を開設しますね。
初心者の場合でも株を買おうと思ったら、証券会社にお金を入れて入れたお金の中で株の売買を考えるのが普通だと思います。

30万円口座に入れた場合には、30万円以内で手数料なども計算してマイナスにならないように株の売買を考えなければなりませんね。

この取り引きの事を「現物取引」と言います。
では株の初心者が気をつけたい取引とは?

それは「信用取引」といい証券会社からお金を借りて株を買う事です。
信用取引がしたい場合は担保を入れれば3倍位までのお金を貸してくれますよ。

信用取引のメリットとしては、自分の口座にある金額より多くの金額で株を買う事が出来るという事ですね。

しかし、株初心者の場合には信用取引はお勧めしません。

金額が大きくなれば利益が出た時のリターンも大きくなりますが、逆にリスクも大きくなるという事です。

少ない金額で大金を動かして利益を出す事を「レバレッジ」と言いますが、担保を出してお金を借りている間は金利もがかかります。

株の初心者の場合には現物取引をお勧めします。

ページの先頭へ

ページの先頭へ