株の初心者 講座 - 株の初心者が持っている塩漬け株の運用方法

株の初心者 講座



HOME > もう少し学ぼう > 株の初心者が持っている塩漬け株の運用方法

株の初心者 講座 ‐ 第2ステップ

<もう少し学ぼう>

株の初心者が持っている塩漬け株の運用方法



株を始めて自分が良いなと思った株でも、株の初心者の場合には売りどきを逃してしまって売りたいのに売れないという経験が一度はあると思います。

このように、売りたくても売れなくなってしまった株の事を塩漬け株と言います。

しかし、こんな塩漬け株でも運用方法がある事を知っていますか?

それば信代取引の場合に、塩漬け株が役に立ちます。

信用取引の場合は、現金や株を借りる代わりに保証金を持ち株を担保として預ける事が出来る代用有価証という制度があります。
この場合持ち株であれば塩漬け株だろうが立派な担保になります。

現金の場合には保証金率は100%になりますが、代用有価証券の場合は約80%が現金換算率になります。

塩漬け株は株価が上昇してこなければどうにもならない株の事を言いますが、塩漬け株でも立派な資金なのです。
その資金をずっとそのままにしておくという事を考えるよりは、信用取引を上手く利用すれば塩漬け株でも活用方法があり資産運用がスムーズになると思いますね。

ページの先頭へ

ページの先頭へ