株の初心者 講座 - 株の初心者が株を売買するには

株の初心者 講座



HOME > 初めての株の売買 > 株の初心者が株を売買するには

株の初心者 講座 ‐ 第1ステップ

<初めての株の売買>

株の初心者が株を売買するには



初心者が株を買う場合に一番悩む事が「どうやって株を買うのか」だと思います。
株を売買する為にまず必要なものといえば?
証券会社で口座を開く事から始まりますね。

口座を開く事ができたら、何株をいくらで注文するのか?
それと注文の有効期限が必要になります。

この時に便利なのが今の時点の売買情報を表した「板情報」を見ればどんな株に注文が多いのかがすぐにわかります。

買っている数量が多い株なら、その株価は上がる可能性が高くなり、売っている数量が多い株は、その株価が下がる可能背が高くなりますよね。

株の注文方法は「指値」と「成行」(なりゆき)も2つがありまた株の初心者の場合は買う値段を指定して注文できる指値がお勧めですね。
成行の場合には、何でもいいから売買したいという時に使うのがベスト。
売買金額がいくらになるかが分からないので初心者には向いていません。

株を売買して注文が確定することを「約定」(やくじょう)と言いますよ。

初心者の場合は株用語も少しずづ覚えて行く必要がありますね。

ページの先頭へ

ページの先頭へ